蒸気ハンマー(読み)ジョウキハンマー

大辞林 第三版の解説

じょうきハンマー【蒸気ハンマー】

蒸気圧で槌つちを上下させる機械。鍛造たんぞうに用いる。蒸気槌つい。スチーム-ハンマー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうき‐ハンマー【蒸気ハンマー】

〘名〙 (ハンマーはhammer) 蒸気の力を利用してハンマーを上下させる機械。空気ハンマーより打撃力が強く、鋼塊などの鍛錬に用いる。蒸気槌(つい)。スチームハンマー。
※青い月曜日(1965‐67)〈開高健〉二「蒸気ハンマーが岩を粉砕するところや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android