蒸気ハンマー(読み)じょうきハンマー

精選版 日本国語大辞典 「蒸気ハンマー」の意味・読み・例文・類語

じょうき‐ハンマー【蒸気ハンマー】

〘名〙 (ハンマーhammer) 蒸気の力を利用してハンマーを上下させる機械空気ハンマーより打撃力が強く、鋼塊などの鍛錬に用いる。蒸気槌(つい)スチームハンマー
※青い月曜日(1965‐67)〈開高健〉二「蒸気ハンマーが岩を粉砕するところや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「蒸気ハンマー」の意味・読み・例文・類語

じょうき‐ハンマー【蒸気ハンマー】

蒸気圧でハンマーを上下させて材料を鍛造する機械。鋼塊の鍛錬に用いる。蒸気つい。スチームハンマー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android