コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔚山の戦い ウルサンのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔚山の戦い
ウルサンのたたかい

慶長の役 (→文禄・慶長の役 ) で,加藤清正浅野幸長らが兵2万余をもって朝鮮,慶尚南道蔚山で戦った籠城戦。清正らは慶長2年 12月 20日来襲した明将楊鎬,麻貴の率いる明鮮連合軍約6万の兵に対し,翌年1月4日まで苦しい戦闘を展開し,ようやく,毛利秀元黒田長政らの来援によってこれを撃退し,以後日本軍は本拠をここに移した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔚山の戦い
うるさんのたたかい

慶長(けいちょう)の役(豊臣(とよとみ)秀吉の第二次朝鮮侵略)の一戦闘。1597年(慶長2)12月22日から翌年正月4日、朝鮮慶尚道蔚山城の加藤清正(きよまさ)、浅野幸長(よしなが)ら籠城(ろうじょう)軍は、優勢な明(みん)・朝鮮連合軍に攻められ、苦戦のすえこれを撃退した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蔚山の戦いの関連キーワード小早川秀秋文禄