コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔦清小松朝じ つたきよこまつ あさじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蔦清小松朝じ つたきよこまつ-あさじ

1894-1996 明治-平成時代の芸妓。
明治27年2月8日生まれ。7歳のとき長唄などの芸事をはじめ,16歳で東京柳橋の座敷にでる。端唄,小唄,都々逸(どどいつ)などをこなし,座談名手としても知られた。平成元年95歳で常磐津(ときわず)の伝統芸能継承者として黄綬褒章受章。平成8年8月18日死去。102歳。東京出身。本名は加藤はる。通称は柳橋朝じ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

蔦清小松朝じの関連キーワード芸妓明治

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android