コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔭山東門 かげやま・とうもん

1件 の用語解説(蔭山東門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

蔭山東門

没年:享保17.5.12(1732.6.4)
生年:寛文9(1669)
江戸中期の儒学者・数学者。名は元質,字は淳夫,通称は源七,東門は号。紀伊国和歌山城下(和歌山市)の町人の家に生まれる。元禄4(1691)年,京都で山崎元貞の紹介を受けて伊藤仁斎に入門し,古義学を学ぶ。兼ねて和算をも修得。正徳3(1713)年,和歌山藩主徳川吉宗が講釈所(のち講堂)を設けたとき,儒者として召し抱えられて,同門の荒川天散木下順庵門下の祇園南海と共に儒書を講じた。博覧強記であり,また,町人の出ではあるが,武士気質にすぐれた人物と評された。主著『田禄図経』。

(三宅正彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

蔭山東門の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺手話言語条例をめぐる動き「真田丸」効果後ろ面傾城歌三味線杉山杉風陶山訥庵

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone