コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔭山東門 かげやま・とうもん

1件 の用語解説(蔭山東門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

蔭山東門

没年:享保17.5.12(1732.6.4)
生年:寛文9(1669)
江戸中期の儒学者・数学者。名は元質,字は淳夫,通称は源七,東門は号。紀伊国和歌山城下(和歌山市)の町人の家に生まれる。元禄4(1691)年,京都で山崎元貞の紹介を受けて伊藤仁斎に入門し,古義学を学ぶ。兼ねて和算をも修得。正徳3(1713)年,和歌山藩主徳川吉宗が講釈所(のち講堂)を設けたとき,儒者として召し抱えられて,同門の荒川天散木下順庵門下の祇園南海と共に儒書を講じた。博覧強記であり,また,町人の出ではあるが,武士気質にすぐれた人物と評された。主著『田禄図経』。

(三宅正彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔭山東門の関連キーワード朝山素心古賀茶渓竹川政辰平蕉斎藤山惟熊横谷友信釈祐照漢儒童子問岡魯庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone