コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵方之掟 くらかたのおきて

1件 の用語解説(蔵方之掟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くらかたのおきて【蔵方之掟】

1533年(天文2)3月13日,戦国大名伊達稙宗(たねむね)が発布した質屋に関する法令。13ヵ条よりなり,3年後に制定された分国法《塵芥集》に付記されたかたちで伝存する。内容は,質の約月の規定,質屋が質物を紛失・損傷した場合の規定,盗物を質物とした場合の規定,利子規定などである。室町幕府の質屋法の影響下に制定されたといえるが,幕府法にくらべ質屋保護の色彩が強い。塵芥集【勝俣 鎮夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

蔵方之掟の関連キーワード月舟寿桂成瀬ダム朝倉義景イワンインカ帝国ウィレムエリザベスカルタヘナ島津義久達延汗

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone