コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿佐井野宗瑞 あさいの そうずい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿佐井野宗瑞 あさいの-そうずい

?-1531/32 戦国時代の医師。
和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の名家に生まれる。女科(産婦人科)を得意とした。明(みん)(中国)の熊宗立(ゆう-そうりつ)の「医書大全」を私財を投じて翻刻,享禄(きょうろく)元年刊行した。本書は医書としては日本最初の印刷物。享禄4/5年5月死去。没年齢は60歳といわれる。屋号は遠野屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿佐井野宗瑞

没年:天文1.5.19(1532.6.22)
生年:文明5(1473)
室町後期の出版人,事業家。号は雪庭。家は屋号を能登屋もしくは遠野屋と称した泉南(堺市)の豪商。文学を好み,医に通じて女科(産婦人科)を得意としたとも伝えられるが,職業医師ではなかったらしい。大徳寺の僧大林宗套に帰依した(法号は雪庭宗瑞居士)。財を出版事業に投じたことで書誌学上に名を残すこととなった。『三体詩』(阿佐井野版)の印行,単経本『論語』(天文版,没後1533年刊)の刊行がある。また明の熊宗立が著した『医書大全』を享禄1(1528)年,月舟寿桂 の跋を付して復刻。これは日本最初の医書印刷である。

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさいのそうずい【阿佐井野宗瑞】

?‐1531(享禄4)
室町後期の儒医。阿佐井野家は堺の名家で,宗瑞は医を業とし女科(産婦人科)を得意とした。1528年(享禄1)明の熊宗立著《医書大全》を校訂,出版したが,これは日本最初の刊行医書として著名である。阿佐井野家では他に《三体詩》や清原宣賢の指導を仰いだ《論語》(天文版論語)を刊行しており,世に阿佐井野版といわれ,図書の印刷普及に大きく寄与した。【高木 傭太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿佐井野宗瑞
あさいのそうずい
(1473?―1532)

室町後期の堺(さかい)(大阪府)の豪商。代々屋号を遠野屋といった。文学を好み、医術に通じ婦人科に詳しいので、世人は阿佐井野婦人医とよんだといわれるが医家ではない。明(みん)の熊宗立(ゆうそうりつ)(1409ころ―1482)の編書『新編名方類証医書大全』24巻が渡来したとき、部数が少なく医家の手に入りにくいのを憂え、私費で1528年(大永8)に翻刻し、流布せしめた。これが日本の医書刊行の最初で、そのいきさつを建仁寺の僧幻雲寿桂(じゅけい)(?―1533)が跋文(ばつぶん)に記している。没後1533年(天文2)には『論語集解(しっかい)』の再刻も行われた。[宗田 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

阿佐井野宗瑞の関連キーワード日本の医学史(年表)戦国時代医家

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android