コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵海性珍 ぞうかい しょうちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蔵海性珍 ぞうかい-しょうちん

1335-1409 南北朝-室町時代の僧。
建武(けんむ)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。建仁(けんにん)寺,南禅寺にまなび,のち西江宗湛(そうたん)の法をつぐ。物外可什(もつがい-かじゅう)にまねかれ鎌倉浄智(じょうち)寺にうつる。晩年建長寺住持となり,のち吉祥庵に退居。応永16年6月11日死去。75歳。山城(京都府)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

蔵海性珍の関連キーワード室町時代惟肖得巌南北朝建武

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android