コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物外可什 もつがい かじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物外可什 もつがい-かじゅう

1286-1364* 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)9年生まれ。臨済(りんざい)宗。南浦紹明(なんぽ-じょうみん)の法をつぐ。天岸慧広(えこう)らと元(げん)(中国)にわたり,元徳元年(1329)来日する明極楚俊(みんき-そしゅん)にしたがって帰国。博多崇福寺,のち鎌倉建長寺の住持となる。貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年12月8日死去。78歳。一説に観応(かんのう)2=正平6年(1351)死去。諡号(しごう)は真照大定禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

物外可什の関連キーワード南北朝時代蔵海性珍関山慧玄普済寺可什

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android