コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物外可什 もつがい かじゅう

1件 の用語解説(物外可什の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物外可什 もつがい-かじゅう

1286-1364* 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)9年生まれ。臨済(りんざい)宗。南浦紹明(なんぽ-じょうみん)の法をつぐ。天岸慧広(えこう)らと元(げん)(中国)にわたり,元徳元年(1329)来日する明極楚俊(みんき-そしゅん)にしたがって帰国。博多崇福寺,のち鎌倉建長寺の住持となる。貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年12月8日死去。78歳。一説に観応(かんのう)2=正平6年(1351)死去。諡号(しごう)は真照大定禅師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

物外可什の関連キーワード世尊寺伊俊南北朝時代向阿吉野朝時代実円周豪末兼松浦定祐乗坊義空良阿

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone