薦挙(読み)センキョ

大辞林 第三版の解説

せんきょ【薦挙】

( 名 ) スル
ある地位や仕事にふさわしい人としてすすめること。推薦。推挙。 「各部落より-せる民委官を歓接し/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の薦挙の言及

【吹挙】より

…その際提出する文書を挙状(こじよう)と称する。律令制下には官職の推挙を貢挙,薦挙などというのが普通であったが,平安時代以降に吹挙の語が多くなる。例えば1263年(弘長3)の公家新制において,諸国の国司に知行国主の家僕や任料を拠出した凡卑の輩が推挙され,あるいは僧綱(そうごう)に律師の任料を納めたものが吹挙されたといわれ,また他方,若狭国太良(たら)荘の百姓の地頭非法に対する訴訟が,本所の東寺の挙状により取り次がれていた(《東寺百合文書》)ように,吹挙の風は国制の中央から在地の民衆の世界にまで浸透し,ひとつの制度的慣行にまで転化していた。…

※「薦挙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる