コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薨奏 こうそう

1件 の用語解説(薨奏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうそう【薨奏】

宮中儀礼の一つ。喪葬令(そうそうりよう)によると,親王または三位以上の者の死を〈薨〉といい,五位以上の者は〈卒〉,六位以下庶人は〈死〉と称して区別した。親王および五位以上の者が没すると,治部省から太政官を経て天皇に奏聞する。これを薨奏というが,すでに出家した者には行わない。なお幼少の親王も薨奏しないとの説があり,その実例もあるが,《北山抄》の説くごとく,親王は入道・幼稚を問わず行うのが例で,薨奏に際しては,〈身退給(みまかりたまう)〉と奏する定めである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone