コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩【た】峠 さったとうげ

百科事典マイペディアの解説

薩【た】峠【さったとうげ】

静岡県静岡市と由比町(現・静岡市清水区)の境にある旧東海道の峠。標高約90m。薩【た】山が駿河湾に迫り,道の険しさと,富士や三保松原の展望で知られた。明暦年間(1655年―1658年)に朝鮮通信使が通行するに伴い,山道を開削したとされ,東海道の難所の一つとして知られた。
→関連項目清水[市]由比[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

薩【た】峠の関連キーワード由比