コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由比 ゆい

4件 の用語解説(由比の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由比
ゆい

静岡県中部,静岡市東部の旧町域。駿河湾に面する。1889年町制。2008年静岡市清水区に編入。北部は庵原山地で,南東に傾斜して駿河湾に迫り,中心集落の由比は東海道に沿って細長く,江戸時代には東海道五十三次の宿場町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆい【由比】

静岡県中部、庵原いはら郡の町。近世、東海道の宿場町。ミカン栽培が盛ん。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由比
ゆい

静岡県中部、庵原(いはら)郡にあった旧町名(由比町(ちょう))。現在は静岡市清水区東部の一地区。駿河(するが)湾北西岸に位置する。旧由比町は1889年(明治22)町制施行。2008年(平成20)静岡市へ編入。ほぼ中央を南流する由比川を境にして、東は蒲原(かんばら)丘陵、西は興津(おきつ)川山地に覆われ、急峻(きゅうしゅん)な崖(がけ)が駿河湾岸に迫り、平坦(へいたん)地は海岸線にわずかに存在するにすぎない。江戸時代、東海道五十三次の宿駅。「親知らず・子知らず」の難所薩(さった)峠は地域の西端。JR東海道本線、国道1号(富士由比バイパス)、東名高速道路が狭い海岸線と海岸埋立地を走り、山間部を東海道新幹線が通じ、東西交通の要地となる。南部の今宿(いましゅく)、寺尾付近一帯は地すべり地帯で、1962年(昭和37)地すべりで動いた山を切り取った土砂で海岸埋立地が造成され、同時に由比、西倉沢漁港が整備された。漁業は駿河湾特産のサクラエビとシラス漁が主で、農業はミカン、夏ミカン、ビワを栽培し、養鶏も盛ん。北端の浜石岳へのハイキングが親しまれ、豊積(とよづみ)神社の正月のお太鼓(たいこ)祭りは地域をあげてにぎわう。[川崎文昭]
『『由比町誌』(1961・由比町) ▽『由比町史』(1989・由比町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

由比の関連情報