コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三保松原 みほのまつばら

百科事典マイペディアの解説

三保松原【みほのまつばら】

静岡県静岡市にある景勝地(名勝)。駒越から北東にのびて清水港を抱く砂嘴(さし)で,砂浜に松林が続き,北東に富士山を望む。《万葉集》に三保の浦とみえ,のち多くの歌や俳句に詠まれる。
→関連項目薩【た】峠清水[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕三保松原(みほのまつばら)


静岡市清水(しみず)区、清水港を抱く分岐砂嘴(さし)の東岸にある松原。駿河(するが)湾に臨む砂礫(されき)浜に沿って広がる。国指定名勝。羽衣(はごろも)伝説で知られ、衣掛けの松や羽衣の切れ端とされる布を保存した御穂(みほ)神社がある。富士山の眺望がよいことでも知られる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三保松原
みほのまつばら

静岡市清水(しみず)区三保(みほ)にある海岸。「三保ノ松原」とも記した。清水港を抱えるように北東に約4キロメートルほど延びている三保半島は分岐砂嘴(さし)とよばれる。有度山(うどやま)の海食崖(がい)から流出した土砂が堆積(たいせき)し内湾側は貝島(かいじま)崎、真崎などが突出したが、現在は埋立てによる工業用地に造成されている。駿河(するが)湾側の外洋に面する海岸は砂礫(されき)浜と砂堤が直線的に延び、その一帯の松林を三保松原とよぶ。大己貴命(おおなむちのみこと)と御穂津(みほつ)姫を祀(まつ)る御穂神社付近の海岸は三保松原の中心で、天女が羽衣をかけたという衣掛けの松が羽衣の松とよばれ観光名所になっている。羽衣の松は羽衣伝説や謡曲としても知られている。御穂神社の糸巻太刀は国の重要文化財に指定され、また、羽衣の裂端(きれはし)と伝える布が陳列されている。富士の眺望にも優れ、国の名勝、県立自然公園に指定されている。2013年(平成25)には三保松原は富士山域と周辺の神社、富士五湖、忍野八海(おしのはっかい)等の構成資産とともに「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産リストに登録された。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三保松原の関連キーワード富士山─信仰の対象と芸術の源泉宿場/五街道宿駅一覧清水(静岡市)朝鮮通信使遺跡清水[市]静岡[市]静岡(市)静岡(県)虹ノ松原分岐砂嘴さった峠切れ端静岡県福井県久能山有度浜袖師浦清見潟東岸駿河

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三保松原の関連情報