コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井晋流 ふじい しんりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井晋流 ふじい-しんりゅう

1680-1761 江戸時代中期の俳人。
延宝8年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の人。陸奥(むつ)須賀川(すかがわ)(福島県)の廻船業藤井家の娘婿。俳諧(はいかい)を榎本其角(えのもと-きかく)にまなぶ。上島鬼貫(うえじま-おにつら),服部嵐雪らと交わりをもった。宝暦11年11月25日死去。82歳。本姓は近藤。名は太仲。通称は源右衛門。別号に晋柳,茱月洞,百柳軒。編著に「蕉門録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤井晋流の関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ北尾派ロシア音楽徳川家綱難波鉦徳川家綱句合叙勲日本酒の消費量

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone