コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道せん どうせんTosǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道せん
どうせん
Tosǒn

[生]興徳王2(827)
[没]孝恭王2(898)
朝鮮,統一新羅後期の僧。先覚国師という。姓は金。新羅憲康王が師事した名僧で,風水地理説と陰陽図讖説に通じ,その著『道せん秘説』は高麗の政治,社会に大きく影響した。高麗太祖の出誕を予言したことでも広く尊崇された。

道せん
どうせん
Dao-xuan

[生]長安2(702)
[没]天平宝字4(760)
中国,唐の僧。戒律,禅,天台,華厳の教学に通じていた。中国に来ていたインド僧ボーディセーナ (菩提僊那,704~760) とともに天平8 (736) 年に日本に来て,大安寺の西唐院に住して戒律を指導し,天平勝宝3 (751) 年に律師に任命された。著書に『梵網経疏』があり,華厳宗初伝禅宗の第2伝とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

道せんの関連キーワード横穴式石室婆羅門僧正天平宝字延暦僧録満月台羨門非器

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道せんの関連情報