コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文章博士 もんじょうはかせ

5件 の用語解説(文章博士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文章博士
もんじょうはかせ

文章道を担当した大学寮の教官。神亀5 (728) 年令外官として設置。定員1人。奈良時代末に淡海三船が大学頭兼文章博士に任じられて以来,急速に権威が高まり,弘仁 11 (820) 年には従来の正七位相当から従五位下相当の官となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もんじょう‐はかせ〔モンジヤウ‐〕【文章博士】

大学寮に属して詩文と歴史とを教授した教官。神亀5年(728)設置。平安時代には多く東宮学士大外記(だいげき)を兼ね、侍講としても仕えた。もんぞうはかせ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もんじょうはかせ【文章博士】

律令制の大学の学科の一つである文章科(紀伝道)の教官の長。728年、定員一名で初めて設置。834年、紀伝博士を統合し、定員二名となった。のち、学科として紀伝道の名称が確立すると、紀伝博士とも称せられた。もんぞうはかせ。

もんぞうはかせ【文章博士】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文章博士
もんじょうはかせ

奈良・平安時代の大学寮紀伝道(文章道)の教官。唐名翰林(かんりん)学士。728年(神亀5)に初めて1人が置かれ、730年(天平2)正(しょう)七位下(げ)と定められた。奈良時代の文章博士には紀清人(きのきよひと)や淡海三船(おうみのみふね)などが就任していたが、平安時代に入り紀伝道が盛んになると、嵯峨(さが)天皇の821年(弘仁12)には位階相当が従(じゅ)五位下となり、教官中の最高位となった。834年(承和1)には紀伝博士(808年初置)が廃され文章博士の定員が2名となり東宮(とうぐう)学士、大外記(だいげき)を兼ねるようにもなり、そのころから菅原(すがわら)、大江の両氏がその地位を世襲するようになった。『史記』『漢書(かんじょ)』『後(ご)漢書』などの三史をはじめ、『文選(もんぜん)』などの中国の詩文を教科とした。「教授」と受験・任官の推薦がおもな職掌であったが、かような職務のほかに文章をつくることが重要な仕事であり、文筆活動としての願文(がんもん)、上表、詩序の制作などに携わっている。平安中期以後しだいに衰退し、中世以後、室町時代には菅原氏系の高辻(たかつじ)以下の諸家が紀伝道の家として、この職を継いでいった。[山中 裕]
『桃裕行著『上代学制の研究』(1947・目黒書店/復刻・1983・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文章博士の言及

【紀伝道】より

…しかし,一般知識社会においても,特殊な政治・道徳の理論よりも,史書・文章のほうが日常親しみやすいので,その専攻学科の設置が望まれるに至り,紀伝道が生まれることとなった。設置の最初は,奈良時代の半ばころ,728年(神亀5),文章博士(もんじようはかせ)1人が置かれ,ついで730年(天平2)に文章生20人が置かれたのに始まる。やがて平安時代に入ると,紀伝道は急激に隆盛になり,学問の代表的なものとされて,まったく貴族的なものになった。…

【博士】より

…諸博士の知識,技術はいずれも中国のものであった。その後,博士は文章(もんじよう)博士,紀伝博士(のち停止し,文章博士を加置),明経(みようぎよう)博士に分かれ,さらに律学博士(のち明法(みようぼう)博士)がおかれた。平安中期以降,明経博士は清原,中原家,文章博士は菅原,大江,日野家,明法博士は坂上,中原家,算博士は三善,小槻家が主として任ぜられ,家業となった。…

※「文章博士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文章博士の関連キーワード主帥令制例損内つ臣散事律令制軍事組織律令制司法制度律令制社会律令制土地制度律令制身分制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文章博士の関連情報