コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原保忠 ふじわらの やすただ

2件 の用語解説(藤原保忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原保忠 ふじわらの-やすただ

890-936 平安時代中期の公卿(くぎょう),雅楽家。
寛平(かんぴょう)2年生まれ。藤原時平の長男。母は本康(もとやす)親王の娘廉子。正三位,大納言となり,右近衛(うこんえの)大将をかねる。八条大将,賢人大将とよばれた。祖父藤原基経(もとつね)から笙(しょう)の秘曲「荒序」をつたえられ,日本の笙の始祖とされる。承平(じょうへい)6年7月14日死去。47歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原保忠

没年:承平6.7.14(936.8.3)
生年:寛平2(890)
平安中期の公卿。左大臣時平と本康親王の娘廉子の子。延喜5(905)年に昇殿が許されて以後讃岐守,右大弁などを経て中納言,延長8(930)年大納言となり,承平2(933)年右大将。八条に住んだことから八条大将と称されたが,内裏に遠いため冬は焼餅を懐中に入れて参内し(『大鏡』),「賢人大将」と呼ばれるにふさわしい逸話を残す。祖父基経より笙の秘曲「荒序」の相伝を受け,16歳のときには醍醐天皇の前で笙を吹いて絶賛され名器「橘皮」を賜った。日本の鳳笙の始祖とされる。延喜21(921)年,宮中で承和年間(834~848)以来途絶えていた放鷹楽が舞われたとき,古来の装束を調進して人々を驚かせている。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原保忠の関連キーワード二条吉忠鷹司兼熙左大臣藤原実頼藤原頼忠平在寛藤原敦忠母源重信源憲定本康親王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone