コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原国衡 ふじわらの くにひら

3件 の用語解説(藤原国衡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原国衡 ふじわらの-くにひら

?-1189 平安後期-鎌倉時代の武将。
藤原秀衡(ひでひら)の長男。源頼朝の奥州攻めに際し,平泉方の守将として阿津賀志(あつかし)山(福島県伊達郡)で防戦。文治(ぶんじ)5年8月10日敗走中に和田義盛に射られ,畠山重忠の郎党大串次郎に討たれた。通称は西木戸太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原国衡

没年:文治5.8.10(1189.9.21)
生年:生年不詳
平安末期の武将。奥州藤原氏の3代秀衡の嫡子。信寿太郎。秀衡の時期の政庁である平泉館の西の木戸のところ(都市平泉の西の木戸とも)に宅を構えていたので,西木戸太郎ともいう。文治5(1189)年源頼朝が奥州藤原氏を滅亡させた奥州合戦では最大の激戦地,阿津賀志山(福島県国見町)の戦の際の平泉方の守将であった。敗走の途中,柴田郡大高宮(宮城県大河原町)のあたりで和田義盛の矢に当たり,深田にはまったところを畠山重忠の郎従の大串次郎に討たれた。阿津賀志山の山麓には,そのときに平泉方が防御のために掘った長大な堀が残っている(国史跡)。

(大石直正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

藤原国衡(ふじわらのくにひら)

松原正の戯曲。1962年、第1回文藝賞戯曲部門佳作受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原国衡の関連キーワード藤原基衡奥州征伐佐藤継信藤原秀衡春日版高橋富雄樋爪俊衡藤原景家藤原忠衡蓮光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原国衡の関連情報