コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原富士麻呂 ふじわらの ふじまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原富士麻呂 ふじわらの-ふじまろ

804-850 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)23年生まれ。南家藤原真作(まつくり)の孫。承和(じょうわ)の変のとき,右近衛(うこんえの)少将として伴健岑(ともの-こわみね)らを逮捕。陸奥出羽按察使(むつでわあぜち)となり,従四位下にいたる。兵の心をよくとらえ,仁明(にんみょう)天皇に将の才があると評された。嘉祥(かしょう)3年2月16日死去。47歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原富士麻呂の関連キーワード藤原敏行