藤原房雄(読み)ふじわらの ふさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原房雄 ふじわらの-ふさお

?-895 平安時代前期の官吏。
南家藤原真作(まつくり)の曾孫(そうそん)。貞観(じょうがん)8年(866)従五位下。民部大輔(みんぶのたいふ),左近衛(さこんえの)少将などをへて,元慶(がんぎょう)3年大宰少弐(だざいのしょうに)となる。狼藉(ろうぜき)をはたらいた近衛兵の首謀者を殺したため治安が悪化,4年肥後守(ひごのかみ)にうつされた。のち慰謝されて正五位下。寛平(かんぴょう)7年5月18日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android