コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室根山 むろねさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室根山
むろねさん

岩手県南東部,北上高地南東端にある独立峰。標高 895m。一関市の東部に位置し,室根高原県立自然公園の中心をなす。室根神社があり,4年に1度行なわれる室根神社祭は奥州三大祭りの一つとして有名で,「室根神社祭のマツリバ行事」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むろね‐さん【室根山】

岩手県南東部、宮城県境近くにある山。北上高地の南東端にあたる。標高895メートルで、山頂付近にはヤマツツジレンゲツツジなどが分布する。室根高原県立自然公園に指定。中腹にある室根神社は紀州の熊野本宮大社から勧請したとされ、大祭は国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室根山
むろねさん

岩手県南東部、一関(いちのせき)市の東部にある山。標高895メートル。北上(きたかみ)高地南東部の分水嶺(ぶんすいれい)をなす。中腹に紀州の熊野本宮から勧請(かんじょう)したという室根神社があり、旧暦9月17~19日の例祭には神輿(みこし)の先着争いで米の作柄を占う荒祭りがある。「室根神社のマツリバ行事」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。山頂付近はツツジが多く、キャンプ場、展望台、ハンググライダーの設備なども整い、一帯は室根高原県立自然公園域。[金野一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

室根山の関連キーワード岩手県一関市室根町折壁望洋平キャンプ場室根神社大祭室根[村]千厩[町]室根小富士室根〈村〉磐井富士畠山重篤大東千厩

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android