コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原旅子 ふじわらの たびこ

2件 の用語解説(藤原旅子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原旅子 ふじわらの-たびこ

759-788 奈良時代,桓武(かんむ)天皇の夫人(ぶにん)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)3年生まれ。式家藤原百川(ももかわ)の娘。母は藤原諸姉(もろあね)。延暦(えんりゃく)4年従三位,5年夫人となり,同年淳和(じゅんな)天皇を生んだ。延暦7年5月4日死去。30歳。妃の号と正一位,のち皇太后を追贈された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原旅子

没年:延暦7.5.4(788.6.12)
生年:天平宝字3(759)
奈良時代の貴族の女性。淳和天皇の母,桓武天皇夫人。父は藤原百川,母は藤原良継の娘諸姉。父亡き後延暦1(782)年ごろに結婚,同5年大伴親王(淳和天皇)を出産するが,2年後死去。正一位を追贈された。桓武皇后藤原乙牟漏は母方の叔母,父方の従妹に当たり,ほぼ同時期を生き,同じ年に皇子を生んだ。弘仁14(823)年,淳和天皇即位により贈皇太后。墓は宇波多山陵といい,現京都市西京区大枝の大字乳母堂にあるとされる。天安1(857)年まで,初穂を供える荷前奉幣が行われた。

(児島恭子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原旅子の関連キーワード弘仁崇道天皇日本後紀藤原乙牟漏淳和院天応報恩交野女王高志内親王藤原諸姉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone