コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原諸姉 ふじわらの もろあね

1件 の用語解説(藤原諸姉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原諸姉 ふじわらの-もろあね

?-786 奈良時代の女官。
式家藤原良継(よしつぐ)の娘。藤原百川(ももかわ)の妻。神護景雲(じんごけいうん)3年(769)従五位下。父や夫の政治力を背景に昇進,尚縫(ぬいのかみ)となり,延暦(えんりゃく)5年従三位にのぼる。娘の藤原旅子(たびこ)が桓武(かんむ)天皇夫人となった。延暦5年6月29日死去。孫の淳和(じゅんな)天皇の即位により正一位を追贈された。名は「もろね」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原諸姉の関連キーワード田図堪航能力地震予知の予算真言宗全国の待機児童嵯峨天皇橘嘉智子ハールーン・アッラシード葛原親王嵯峨天皇

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone