コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原登子 ふじわらの なりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原登子 ふじわらの-なりこ

ふじわらの-とうし

藤原登子 ふじわらの-とうし

?-975 平安時代中期の女官。
藤原師輔(もろすけ)の娘。母は藤原経邦の娘盛子。村上天皇の皇后安子の同母妹。重明(しげあきら)親王の後妻となり2女を生む。親王と姉の没後,村上天皇の後宮にはいって寵愛(ちょうあい)をうけた。のち尚侍,従二位。貞観殿(じょうがんでんの)尚侍とよばれる。天延3年3月29日死去。名は「なりこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原登子

没年:天延3.3.29(975.5.12)
生年:生年不詳
平安時代中期の尚侍。「なりこ」とも。藤原師輔と藤原盛子の子。村上天皇女御安子の同母妹。はじめ重明親王の後妻となり,2女を生む。姉を訪ねて宮中に出入りするとその美しい姿を盗み見た村上天皇が心を引かれ,人妻であるにもかかわらず求愛。安子は1,2度は黙認したが,以後は拒否。天暦8(954)年重明親王の死後,天皇は熱心に入内を促す。康保1(964)年の安子の死後,兄弟の勧めもあって入内が実現。登花殿に入る。天皇は彼女を寵愛するあまり政治を顧みなかったため藤原実頼が痛烈に批判したという。天皇の死後,安和2(969)年尚侍となり,天延1(973)年従二位になった。藤原道綱母とも歌の贈答をするなどの交流があった。

(京楽真帆子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android