コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李煜 りいく Li Yu

5件 の用語解説(李煜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李煜
りいく
Li Yu

[生]天福2(937).7.7. 金陵
[没]太平興国3(978).7.7. 汴京
中国,五代十国の南唐第3代の王 (在位 961~975) 。初名,従嘉。字,重光。南唐最後の王なので後主と呼ばれる。中主李 璟 (りえい) の第6子。建隆2 (961) 年皇太子となり,同年 璟の没後即位。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

り‐いく【李煜】

[937~978]中国、五代の南唐の最後の王。後主と称される。在位961~975。字(あざな)は重光。号、鍾隠(しょういん)。に下って幽閉され、毒殺された。五代の代表的詞人で、初めの作品は艶麗、晩年は憂愁にみちた凄絶な詞風で新境地を開いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りいく【李煜 Lǐ Yù】

937‐978
中国,五代南の最後の国主。在位961‐975年。字は重光。南唐後主,李後主とも呼ばれる。歌辞文芸,の作者として有名。10世紀の中国は地方政権が乱立するが,南唐は今の南京を都とし,長江(揚子江)下流一帯を占めて富強を誇った。李煜はその3代目の風流君主で,詩文書画に秀で,また書画の鑑識と収集,筆墨硯紙の趣味の洗練など,のちの文人文化に大きな影響を及ぼした。しかしその国はやがて宋に滅ぼされ,幽閉されて卒した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りいく【李煜】

937~978) 中国、南唐の最後の王(在位961~975)。字あざなは重光。宋に敗れ、幽閉された。詞に長じ、初め艶麗な宮廷生活を、のちに亡国の悲しみをうたった。父の李璟りえい916~961)の作品を合わせた「南唐二主詞」がある。南唐後主。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


りいく
(937―978)

中国、五代南唐の亡国の国主。後主(こうしゅ)と称される。初め従嘉(じゅうか)といったが、のちにに改めた。字(あざな)は重光。中主李(りえい)の第6子。961年(宋(そう)、太祖の建隆2)中主が没するとただちに即位、在位15年ののち、975年宋に下り、宋都(べんけい)に幽閉され虜囚の生活を送った。978年(太平興国3)7月7日、42歳の誕生日に毒を盛られて殺された。若くして詩文、書画、音楽に通じ、わけても詞を得意とした。亡国前の作品は、愛の姿を天真爛漫(らんまん)に歌ったものが多い。幽閉後は深い望郷の思いと亡国の恨みを、せつせつと歌い上げた不朽の作が多く、詞の新生面を切り開いた功績はきわめて大きい。詞は李の作品とあわせて『南唐二主詞』に収められる。[青山 宏]
『村上哲見注『中国詩人選集16 李』(1959・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李煜の言及

【韓熙載夜宴図】より

…韓熙載は字を叔言,濰州(いしゆう)北海(山東省濰県)の人。後唐で進士となったが,父が明宗に誅殺されたため,南唐にのがれて三主に仕え,後主李煜(りいく)のとき中書侍郎にいたって卒した。李煜は,門弟,妾妓に囲まれ歌舞に身をやつしてはばからない韓熙載を責めいったん左遷したものの,その底にある意図を知って再び起用せざるをえない状況に追いこまれていた。…

【文房四宝】より

…文房四玩とか,文房四友あるいは文房四侯ともいう。中国で文房具に特に興味をもち出したのは漢代までさかのぼるようであるが,10世紀初期,五代の南唐の中主(李璟(りえい)),後主(李煜(りいく))という風流天子が出て,李廷珪(りていけい)の墨,澄心堂紙などの高級品をつくらせて,文房具は空前の発達をみ,中国人の文房具趣味を促した。さらに10世紀後半,北宋の高官蘇易簡(そいかん)は,《文房四譜》(《文房四宝譜》ともいう)5巻を著し,筆譜2巻,硯・墨・紙譜各1巻,それに筆格,水滴をつけ加えて解説をほどこした。…

【梵鐘】より

…ところが羅漢(らかん)の打ち鳴らす鐘声に救われ,ついに無限の苦しみから解放されたという。中国,南唐の後主李煜(りいく)は,死からよみがえった男に,地獄で先主李昪(りべん)と出会った話を聞く。先主は在世中の罪によって地獄で苦しみ,鐘を鳴らして救ってほしい,できれば新たに鐘を鋳てほしい,そう頼まれたことを伝える。…

※「李煜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李煜の関連キーワード五代十国澄心堂紙董源荷葉皴南唐落句徐熙最後の最後4つの最後の歌南唐二陵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone