コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞観殿 じょうがんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貞観殿
じょうがんでん

平安京内裏の一殿舎。御匣殿 (みくしげどの) ともいう。皇后宮の正庁で,内裏諸殿舎の最北端に位置し,南の常寧殿に渡り廊で通じている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうがん‐でん〔ヂヤウグワン‐〕【貞観殿】

平安京内裏十七殿の一。内裏中央の北端にあり、常寧殿の北に位置した。皇后宮の正庁で、後宮の事務をつかさどった。御匣殿(みくしげどの)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうがんでん【貞観殿】

平安宮の内裏の建物名。内裏の北辺にある。南は常寧殿と渡廊でつながっている。一名,御匣殿(みくしげどの)ともいわれていた。東は宣耀殿,西は登花殿に反(そり)橋でつながっている。《大内裏図考証》では9間4間の東西に長い建物として復元している。《有職抄》では7間四面とあり,7間2間の身舎に,四面に庇をつけたものであった。北面は壇がめぐらしてあり,東西の宣耀,登花両殿との間の北面は瓦垣がつくられていた。平安宮以前の諸宮では貞観殿に相当する建物があったかどうかは確認されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうがんでん【貞観殿】

平安京内裏の殿舎の一。中央北端にあり、皇后宮の正庁が置かれる。御匣殿みくしげどの。 → 内裏

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貞観殿
じょうがんでん

平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。内裏中央の北端にあり、東西7間、南北2間の母屋(もや)の四面に廂(ひさし)がある南向きの建物。宮中の雑事を行う女蔵人(にょくろうど)などがおり、内蔵寮(くらりょう)でつくる以外の衣服を調える御匣殿(みくしげどの)があったため「みくしげどの」ともいった。長官である御匣殿別当が女御(にょうご)や東宮妃などになることもあった。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例