コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原真夏 ふじわらの まなつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原真夏 ふじわらの-まなつ

774-830 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
宝亀(ほうき)5年生まれ。北家藤原内麻呂の長男。母は百済永継(くだらの-えいけい)。平城(へいぜい)天皇の近臣。大同(だいどう)4年(809)山陰道観察使,翌年参議となるが,薬子(くすこ)の変に連座して備中権守(びっちゅうのごんのかみ)に左遷された。のち従三位,刑部卿。天長7年10月16日死去。57歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原真夏の関連キーワードウランデシデリウス国中公麻呂イタリアのロンゴバルド族-権勢の足跡吉備由利空海空海原油万多親王環境エネルギー問題(中国の)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone