コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原真夏 ふじわらの まなつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原真夏 ふじわらの-まなつ

774-830 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
宝亀(ほうき)5年生まれ。北家藤原内麻呂の長男。母は百済永継(くだらの-えいけい)。平城(へいぜい)天皇の近臣。大同(だいどう)4年(809)山陰道観察使,翌年参議となるが,薬子(くすこ)の変に連座して備中権守(びっちゅうのごんのかみ)に左遷された。のち従三位,刑部卿。天長7年10月16日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原真夏の関連キーワード藤原門宗藤原関雄藤原山蔭藤原岳守宝亀

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android