コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原資平 ふじわらの すけひら

2件 の用語解説(藤原資平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原資平 ふじわらの-すけひら

986-1068* 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
寛和(かんな)2年生まれ。藤原懐平(かねひら)の次男。母は源保光の娘。叔父藤原実資(さねすけ)の養子となる。蔵人頭(くろうどのとう)をへて寛仁(かんにん)元年(1017)参議。正二位にすすみ,治暦(じりゃく)元年大納言皇太后宮大夫をかねた。治暦3年12月5日死去。82歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原資平

没年:治暦3.12.5(1068.1.12)
生年:永延1(987)
平安中期の公卿。権中納言懐平と中納言源保光の娘の子。叔父実資の養子となって小野宮家を継いだ。29歳のとき三条天皇の蔵人頭となり,翌年,引き続き後一条天皇の蔵人頭になった。寛仁1(1017)年,31歳で参議に任じられ,極官の大納言を3年務め養父と同様在職のまま82歳の高齢で他界した。養父実資の薫陶を受けてすぐれた政治家となり,有職故実に通じていたことは『古事談』に載る三条天皇との会話からも知られる。実資の小野宮第の北宅に居住したこともあって藤原道長以下の卿相の言動を伝える使者の役を果たすなど実資の手足となって行動した。<参考文献>吉田早苗「藤原実資の家族」(『日本歴史』330号)

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原資平の関連キーワード豊岡尚資野宮定晴藤谷為敦万里小路建房中納言四納言納言庭田経資藤原公通源師仲

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone