コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後冷泉天皇 ごれいぜいてんのう

6件 の用語解説(後冷泉天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後冷泉天皇
ごれいぜいてんのう

[生]万寿2(1025).8.3. 京都
[没]治暦4(1068).4.19. 京都
第 70代の天皇 (在位 1045~68) 。名は親仁。後朱雀天皇の第1皇子。母は贈皇太后藤原嬉子 (太政大臣藤原道長の娘) 。寛徳2 (45) 年践祚,次いで即位。当時は藤原氏の全盛期であった。天皇は治暦3 (67) 年,藤原頼通の建立した宇治平等院に行幸して3日滞在し,頼通を准三宮に叙し,特に封 300石ならびに年官年爵食封 (じきふ) 3000戸そのほかを授けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごれいぜい‐てんのう〔‐テンワウ〕【後冷泉天皇】

[1025~1068]第70代天皇。在位、1045~1068。後朱雀天皇の第1皇子。名は親仁(ちかひと)。母は藤原嬉子(ふじわらのきし)。母の兄、藤原頼通が関白として権勢を振るった後拾遺集金葉集新古今集などに御製がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後冷泉天皇 ごれいぜいてんのう

1025-1068 平安時代中期,第70代天皇。在位1045-68。
万寿2年8月3日生まれ。後朱雀(ごすざく)天皇の第1皇子。母は藤原嬉子(きし)。父の死により即位。母の兄藤原頼通が先帝時代につづき関白をつとめる。在位中,浄土思想がさかんになり,宇治に平等院阿弥陀堂(鳳凰堂)がつくられた。また陸奥(むつ)安倍氏による前九年の役がおこった。治暦(じりゃく)4年4月19日死去。44歳。墓所は円教寺陵(えんきょうじのみささぎ)(京都市右京区)。諱(いみな)は親仁(ちかひと)。日記に「後冷泉院御記」。
【格言など】岩まより流るる水は早けれどうつれる月の影ぞのどけき(「後拾遺和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後冷泉天皇

没年:治暦4.4.19(1068.5.22)
生年:万寿2.8.3(1025.8.28)
平安中期の天皇。名は親仁。後朱雀天皇の東宮時代に第1皇子として誕生したが,生母の藤原嬉子(道長の娘)は直後に他界。長元9(1036)年,12歳で親王宣下を受け,翌年東宮となり,寛徳2(1045)年,父の死で即位。道長の婚姻策成功により在位23年余,このため藤原頼通は摂関を半世紀も務めることになった。この天皇を最後に摂関の権力は弱体化の一途をたどった。父の発願による円乗寺は後冷泉天皇のとき落慶供養をみた。妃に章子内親王(後一条の皇女),寛子(頼通の娘),歓子(教通の娘)がいるが子に恵まれなかった。陵は京都市右京区竜安寺朱山の円教寺陵。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごれいぜいてんのう【後冷泉天皇】

1025~1068) 第七〇代天皇(在位1045~1068)。名は親仁ちかひと。後朱雀天皇の第一皇子。母は藤原嬉子。関白藤原頼通の時代で、藤原氏の最盛期であった。在位中に「前九年の役」があった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後冷泉天皇
ごれいぜいてんのう
(1025―1068)

第70代天皇(在位1045~68)。名は親仁(ちかひと)。後朱雀(ごすざく)天皇の第1皇子。万寿(まんじゅ)2年8月3日誕生。母は贈皇太后藤原嬉子(きし)(太政(だいじょう)大臣道長の女(むすめ))。1037年(長暦1)8月立太子、45年(寛徳2)4月即位。在位中は藤原氏の摂関政治が盛んで、関白頼通(よりみち)の専権が目だつ。宇治に平等院を建立して優美を尽くした頼通は、67年(治暦3)天皇の行幸を仰いで准三后(じゅさんごう)に叙され、「名は君臣なれど義は父子の如(ごと)し」との勅語を賜るほど強大な権勢を示した。しかし頼通には次代に外戚(がいせき)の地位を維持できない状況のなかで、51年(永承6)には陸奥(むつ)に前九年の役が起こって辺境が動揺、また新立荘園(しょうえん)停止の気運が高まるなど、天皇の治世末期には、全盛を極めた摂関政治にも陰りが生じていた。治暦(じりゃく)4年4月19日没。陵墓は京都市右京区竜安寺朱山(りょうあんじしゅやま)の円教寺陵。[谷口 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後冷泉天皇の関連キーワード大神晴遠感世敬子女王聖珍仁統信子女王(2)扶公源隆俊薬智良深

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone