コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原輔相 ふじわらの すけみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原輔相 ふじわらの-すけみ

?-? 平安時代中期の歌人。
藤原弘経の子。藤原長良(ながら)の孫。無官であったため経歴は未詳。源順(したごう)と親交があり,「源順集」の詞書によれば天暦(てんりゃく)10年(956)以前に没した。事物の名を他の語句にかくしてよみこむ物名歌(ぶつめいか)を得意とし,「拾遺和歌集」物名に37首がとられている。通称は藤六。家集に「藤六集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原輔相

生年:生没年不詳
平安時代の歌人。藤原長良の孫,弘経の子。経歴は不明。藤六と号したが,その由来についても明らかでない。『源順集』の一本に,その死去を惜しむ記述が天暦10(956)年の年次とともに記されており,それ以前の死去が知られる。現存する家集『藤六集』は39首すべてが隠題の物名歌で,うち1首は『古今集』に詠み人知らずとしてみえる。不明な点が多いが,機知的な戯笑歌を得意とした,『古今集』時代の注目すべき異色歌人である。後世,即興で機知的な歌を詠む説話の主人公としてしばしば藤六の名が用いられ,その系譜は輔相本人を離れて,大名のお伽衆や笑い話の世界にまで至った。

(山本登朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原輔相の関連キーワード藤原弘経

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android