コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物名歌 ぶつめいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物名歌
ぶつめいか

の分類の一つ。「もののな」の歌,隠題 (かくしだい) の歌ともいう。事物の名を歌の意味とは無関係に詠み込んだ遊戯的な和歌。動植物名,地名,食品名などが多い。物名は1つに限らず,十二支を2首の歌に詠み入れた例 (『拾遺集』) もあり,また「をみなへし」を折句にした例 (『古今集』) など特異なものもある。その萌芽は『万葉集』巻十六の長忌寸意吉麻呂 (ながのいみきおきまろ) の歌にみられる。平安時代に入って和歌が宮廷貴族社会に浸透するにつれて盛んになり,『宇多院物名歌合』が催されたり,藤原輔相 (すけみ) のような物名歌に堪能な歌人が出たりした。また『古今集』『拾遺集』『千載集』には「物名」の部立が設けられた。鎌倉時代以降は衰えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶつめい‐か【物名歌】

和歌・連歌・俳諧で、歌や句の意味とは関係なく物の名を詠み込んだもの。古今集の「心から花のしづくにそぼちつつうくひずとのみ鳥のなくらむ」にみえる「うくひず(憂(う)く干(ひ)ず)」に「うぐいす」を詠み込んだ類。隠し題

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶつめいか【物名歌】

物の名を、詠み込んだ歌。特に、平安時代以降の、歌の意味に関係なく詠み込んだ歌。「秋ちかう野は成りにけり白露のおける草葉も色かはりゆく」の二音目から八音目にかけて、「きちかう(桔梗)のはな」を詠み込んだ類。物名。もののなのうた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

物名歌の関連キーワード曽丹集はなうた成り草葉源順桔梗白露

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android