コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤堂竜山 とうどう りゅうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂竜山 とうどう-りゅうざん

1770-1844 江戸時代後期の儒者。
明和7年8月30日生まれ。藤堂巴陵(はりょう)の孫。伊勢(いせ)津藩士。入江北海にまなぶ。江戸藩邸詰めだったが,のち浪人となり,各地を遊歴詩文のほか,画もよくした。天保(てんぽう)15年3月7日死去。75歳。名は良道。字(あざな)は子基。通称は主計別号梅花,如蘭亭,富士唐麻呂。著作に「学書弁」「潮来絶句」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

藤堂竜山 (とうどうりゅうざん)

生年月日:1770年8月30日
江戸時代中期;後期の儒者
1844年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

藤堂竜山の関連キーワード藤堂梅花生年月日後期儒者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android