藤堂良勝(読み)とうどう よしかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂良勝 とうどう-よしかつ

1565-1615 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)8年生まれ。伊勢(いせ)津藩主藤堂高虎(たかとら)の従弟(いとこ)。高虎にしたがって各地の戦いで武名をあげ,とくに関ケ原の戦いでは西軍の大谷吉継軍への攻撃で名を知られた。慶長20年5月大坂夏の陣で木村重成軍との戦闘中に討ち死に。51歳。通称は新七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android