コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤堂良勝 とうどう よしかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂良勝 とうどう-よしかつ

1565-1615 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)8年生まれ。伊勢(いせ)津藩主藤堂高虎(たかとら)の従弟(いとこ)。高虎にしたがって各地の戦いで武名をあげ,とくに関ケ原の戦いでは西軍の大谷吉継軍への攻撃で名を知られた。慶長20年5月大坂夏の陣木村重成軍との戦闘中に討ち死に。51歳。通称は新七郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤堂良勝の関連キーワード足利義輝慶寿院オプリチニナ足利義輝本阿弥光悦元和人形浄瑠璃野崎観音岩櫃城宗安小歌集