コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤堂高聴 とうどう たかより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂高聴 とうどう-たかより

1810-1863 江戸時代後期の大名。
文化7年11月23日生まれ。藤堂高邁(たかとう)の子。叔父藤堂高秭(たかかず)の養子となり,天保(てんぽう)3年伊勢(いせ)(三重県)久居(ひさい)藩主藤堂家15代。天保の飢饉(ききん)の際,米穀の安売りなどの救済策をとる。倹約を奨励,城下の治水工事や開墾にも率先して参加した。書籍の収集家としても知られる。文久3年8月9日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

藤堂高聴 (とうどうたかより)

生年月日:1810年11月23日
江戸時代後期の大名
1863年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

藤堂高聴の関連キーワード藤堂高邦生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android