コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤堂高聴 とうどう たかより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂高聴 とうどう-たかより

1810-1863 江戸時代後期の大名。
文化7年11月23日生まれ。藤堂高邁(たかとう)の子。叔父藤堂高秭(たかかず)の養子となり,天保(てんぽう)3年伊勢(いせ)(三重県)久居(ひさい)藩主藤堂家15代。天保の飢饉(ききん)の際,米穀の安売りなどの救済策をとる。倹約を奨励,城下の治水工事や開墾にも率先して参加した。書籍の収集家としても知られる。文久3年8月9日死去。54歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤堂高聴の関連キーワード中島名左衛門神谷源内植村文楽軒ケレタロ緒方洪庵片岡仁左衛門(8代)遠山雲如緒方洪庵遠山雲如緒方洪庵

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone