コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤岡甚三郎 ふじおか・じんざぶろう

1件 の用語解説(藤岡甚三郎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

藤岡甚三郎

没年:明治25.7.18(1892)
生年:天保10(1839)
明治期の養蚕改良家。甚三郎の初代。信濃国安曇郡中萱村(長野県三郷村)生まれ。「窮理法」と呼ばれる秋蚕用の不越年蚕種の製造方法を考案した。不越年種の製造は低温で催青(蚕の卵を孵化させるため温度などを調節した環境におく)することによって可能であることを経験的に発見したのである。これは秋蚕種の生産を安定化し,秋蚕の普及を促進する要因となった。「窮理法」の発明と普及の経緯については諸説あり,まだよくわかっていない点があるが,地味ながら聡明な一農民の経験に基づく技術開発が農業を進歩させた例といえる。<参考文献>藤岡甚三郎(2代)『秋蚕』(『明治農書全集』9巻)

(松村敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤岡甚三郎の関連キーワード信濃路小野惟一郎木村九蔵渋沢宗助高山長五郎中村善右衛門仁保清作町田菊次郎森田勘弥(初代)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone