藤岡覚音(読み)ふじおか がくおん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤岡覚音 ふじおか-がくおん

1823-1907 幕末-明治時代の僧。
文政6年10月3日生まれ。浄土真宗本願寺派。家は代々肥後(熊本県)浄蓮寺住職嘉永(かえい)6年正覚寺の住職となる。自坊に宗学研究寮竜水学館をひらき,寺院の子弟をおしえた。明治36年勧学。明治40年8月23日死去。85歳。著作に「広文類論題」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android