藤枝晃(読み)ふじえだ あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤枝晃 ふじえだ-あきら

1911-1998 昭和-平成時代の東洋史学者。
明治44年8月3日生まれ。東方文化研究所研究員などをへて,昭和43年京大人文科学研究所教授。敦煌(とんこう)写本の調査・研究などを手がけ,西域学で知られる。古文書の真偽・時代判定に「藤枝学」とよばれる科学的方法論を確立した。昭和34年共同研究「居庸関(きょようかん)」で学士院賞。平成10年7月23日死去。86歳。大阪出身。京都帝大卒。著作に「文字の文化史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android