藤田 晴子(読み)フジタ ハルコ

  • フジタ ハルコ*

20世紀日本人名事典の解説

昭和期のピアニスト,音楽評論家 元・国立国会図書館専門調査員。



生年
大正7(1918)年2月25日

没年
平成13(2001)年10月20日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京大学法学部〔昭和24年〕卒

主な受賞名〔年〕
音コンピアノ部門第2位(第5回)〔昭和11年〕,音コンピアノ部門第1位(第6回)〔昭和13年〕,レコード文部大臣賞〔昭和16年〕,勲三等瑞宝章〔昭和63年〕

経歴
昭和5年ピアニストのレオ・シロタに師事。12年からバイオリン鈴木鎮一チェロの鈴木二三雄と三重奏を行う。13年毎日新聞主催の第6回音楽コンクールピアノ部門で1位になるなどピアニスト、音楽評論家として活躍。一方、戦後女性に門戸を開放した東京大学の女子学生1期生で、卒業後は東京大学法学部助手を経て、国立国会図書館に勤務。調査立法考査局政治行政室で調査研究に従事。41年課長、主幹を経て、57年専門調査員。58年退職。のち八千代国際大学教授。選挙制度審議会委員も務めた。英、の4ケ国語が得意。著書に「議会制度の諸問題」「楽の音によせて」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
ピアニスト 音楽評論家

専門
議会法,行政法

肩書
国立国会図書館専門調査員

生年月日
大正7年 2月25日

出生地
東京市(東京都)

学歴
東京大学法学部〔昭和24年〕卒

経歴
昭和5年ピアニストのレオ・シロタに師事。12年からバイオリンの鈴木鎮一、チェロの鈴木二三雄と三重奏を行う。13年毎日新聞主催の第6回音楽コンクールピアノ部門で1位になるなどピアニスト、音楽評論家として活躍。一方、戦後女性に門戸を開放した東京大学の女子学生1期生で、卒業後は東京大学法学部助手を経て、国立国会図書館に勤務。調査立法考査局政治行政室で調査研究に従事。41年課長、主幹を経て、57年専門調査員。58年退職。のち八千代国際大学教授。選挙制度審議会委員も務めた。英、独、仏、伊の4ケ国語が得意。著書に「議会制度の諸問題」「楽の音によせて」など。平成21年遺品を集めた藤田晴子記念館が岩手県八幡平に開館。

所属団体
日本公法学会,日本行政学会 明るい選挙推進協会

受賞
勲三等瑞宝章〔昭和63年〕 レコード文部大臣賞〔昭和16年〕 音コンピアノ部門第2位(第5回)〔昭和11年〕,音コンピアノ部門第1位(第6回)〔昭和13年〕

没年月日
平成13年 10月20日 (2001年)

家族
父=藤田 大良(法律学者・弁護士)

伝記
女たちの東京大学―仕事、恋、人生 才媛たちの挑戦 大下 英治 著(発行元 PHP研究所 ’93発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android