コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木鎮一 スズキシンイチ

5件 の用語解説(鈴木鎮一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すずき‐しんいち【鈴木鎮一】

[1898~1998]バイオリン奏者・教育者。愛知の生まれ。音楽教育システムスズキメソッド」を創出、世界的に評価される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木鎮一 すずき-しんいち

1898-1998 大正-平成時代のバイオリニスト,教育者。
明治31年10月17日生まれ。鈴木政吉の子。安藤幸(こう)に師事。大正9年からベルリンに留学,帰国後バイオリニストとして活動。また才能教育運動をおこし,江藤俊哉,豊田耕児らをそだてた。昭和23年松本市で才能教育研究会を設立し,会長。その音楽教育システム(スズキメソッド)は世界的に評価された。平成10年1月26日死去。99歳。愛知県出身。名古屋商業卒。
【格言など】すべての子供には能力があり,どの子も育つ,育て方一つ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すずきしんいち【鈴木鎮一】

1898(明治31)‐
音楽教育者。名古屋商業学校を卒業後,1921年から28年までベルリンに留学,バイオリンをK.クリングラーに学ぶ。帰国後,独奏者,室内楽奏者として活動ののち,35年に東京でバイオリンの才能教育に着手した。〈才能は平等。教育のやり方で誰でも伸びるようになる〉と確信したためという。46年松本市に本拠を移し,本格的にバイオリンの才能教育に取り組む。48年才能教育研究会設立。門下から豊田耕児,小林武史,小林健次らの俊秀が出たため,世間の注目を集め,全国各地に支部が設立され,ブーム現象をひきおこした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すずきしんいち【鈴木鎮一】

1898~1998) バイオリン教育者。愛知県生まれ。1948年才能教育研究会を設立。独自の教材による音楽教育法は、「スズキ-メソッド」と呼ばれ高く評価された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木鎮一
すずきしんいち
(1898―1998)

バイオリン奏者、教育者。名古屋生まれ。商業学校卒業後、父の経営するバイオリン工場に勤めたが、バイオリンを安藤こうに学んだのち、1920~28年(大正9~昭和3)にはベルリンでクリングラーに師事。帰国後、独奏者、室内楽奏者として活躍したが、彼の名は、第二次世界大戦後の46年(昭和21)から松本で始めた才能教育運動によって知られる。最初「全国幼児教育同志会」として出発したが、48年「才能教育研究会」と改め、バイオリン名曲を教材とした教則本による独自のシステムは、64年の子供たちとの訪米演奏旅行により「鈴木メソッド」として世界的に知られるに至った。53年にはA・モギレフスキーとともに帝国音楽学校を設立、校長を務めた。[川口明子]
『『幼児の才能教育』(1969・明治図書出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鈴木鎮一の言及

【バイオリン】より

…第2次大戦以後,演奏,製作技術は急速な進歩を遂げ,バイオリンが衰退しつつあるヨーロッパに代わって,世界各国で独奏家としてまた交響楽団の一員として活躍する日本人演奏家が増大している。鈴木鎮一のバイオリン早期才能教育は海外でも注目を集め,とくにアメリカのいくつかの大学や音楽学校で実践されている。また製作面でも水準の高い楽器がアメリカなどに輸出されるようになった。…

※「鈴木鎮一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鈴木鎮一の関連キーワード実業学校農業学校名古屋商科大学完成教育高等商業学校商業学校生徒新規学卒就農者市邨芳樹岡部直清

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木鎮一の関連情報