コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田信吉 ふじた のぶよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田信吉 ふじた-のぶよし

1560-1616 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)3年生まれ。小野康邦(やすくに)の次男。はじめ武田勝頼につかえ,天正(てんしょう)7年藤田に改姓。慶長5年徳川家康より下野(しもつけ)(栃木県)西方(にしかた)に1万5000石をあたえられた。大坂夏の陣で,榊原康勝(さかきばら-やすかつ)軍の軍監として失策があり,除封(じょほう)されたという。元和(げんな)2年7月14日死去。57歳。別名に重信。号は源心。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤田信吉の関連キーワードグスタフフランソワ今川義元浅井長政グスタフ伊木山城クーザンエリザベス(1世)久松氏徳川家康