コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田北郭 ふじた ほくかく

1件 の用語解説(藤田北郭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田北郭 ふじた-ほくかく

1774-1846 江戸時代後期の武士,書家。
安永3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。大番頭(おおばんがしら)をへて大寄合頭上座・用達にすすむが,藩政改革を批判して天保(てんぽう)10年隠居する。立原翠軒(すいけん)の門にまなび,書道・篆刻(てんこく)にすぐれた。弘化(こうか)3年閏(うるう)5月21日死去。73歳。名は貞正。字(あざな)は子師。通称は主書,将監。別号に晴軒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤田北郭の関連キーワードルイルイ福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語桂文治ゴム森田勘弥ヘンリー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone