コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菫色 すみれいろ

3件 の用語解説(菫色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

すみれいろ【菫色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな青紫」としている。一般に、スミレ科スミレ属の花のような少しみがかった色のこと。早春に可憐な花を咲かせる。スミレは日本に約50種あるとされ、紫以外に黄色などの花もあるが、とくに紫系統をさしていう。スミレという花の名は古くから登場しており、平安時代の文学にも記述がある。かさね色目いろめの名でもあり、表は紫、裏は薄い紫など。色名として使われるようになるのは近代とされる。英名はバイオレットviolet)。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すみれ‐いろ【×菫色】

スミレの花のような、濃い紫色。「菫色スカーフ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すみれいろ【菫色】

スミレの花のような青紫色。 「 -の傘」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菫色の関連キーワード青緑青紫ウィスタリアオリーブグリーン黄赤黄緑グラスグリーン鉄黒マルーンローズレッド

菫色の関連情報