菫色(読み)すみれいろ

色名がわかる辞典の解説

すみれいろ【菫色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな青紫」としている。一般に、スミレ科スミレ属の花のような少しみがかった色のこと。早春に可憐な花を咲かせる。スミレは日本に約50種あるとされ、紫以外に黄色などの花もあるが、とくに紫系統をさしていう。スミレという花の名は古くから登場しており、平安時代の文学にも記述がある。かさね色目いろめの名でもあり、表は紫、裏は薄い紫など。色名として使われるようになるのは近代とされる。英名はバイオレット(violet)。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

すみれいろ【菫色】

スミレの花のような青紫色。 「 -の傘」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菫色の関連情報