藤野千夜(読み)フジノチヤ

  • ふじのちや〔ふぢの〕
  • 藤野千夜 ふじの-ちや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1962- 平成時代の小説家。
昭和37年2月27日生まれ。出版社勤務をへて執筆生活にはいる。男性であることに違和感をいだき,女性として生活する。平成7年「午後時間割」で海燕新人文学賞,10年「おしゃべり怪談」で野間文芸新人賞。11年同性愛者のカップルを中心に現代の若者風俗をえがいた「夏の約束」で芥川賞をうけた。福岡県出身。千葉大卒。著作はほかに「彼女の部屋」「少女怪談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤野千夜の関連情報