藪の中(読み)ヤブノナカ

デジタル大辞泉の解説

やぶ‐の‐なか【×藪の中】

芥川竜之介の小説「藪の中」から》関係者の言うことが食い違うなどして、真相がわからないこと。

やぶのなか【藪の中】[書名]

芥川竜之介の小説。の中で起こった殺人について、目撃者や当事者たちが語るが、その内容がそれぞれ食い違うために真相はわからないままとなる。大正11年(1922)発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やぶ【藪】 の 中(なか)

① 低木や竹などの生い茂ったなか。
※今昔(1120頃か)二九「昼の養せむとて藪の中に入るを」
② (芥川龍之介の作品「藪の中」から) 関係者のいうことが食い違って、真相がわからないことをいう。「真相は藪の中だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藪の中の関連情報