コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藪慎庵 やぶ しんあん

2件 の用語解説(藪慎庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藪慎庵 やぶ-しんあん

1689-1744 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)2年2月25日生まれ。肥後熊本藩士。朱子学を信奉し,大塚退野と研鑽(けんさん)しあう。江戸で荻生徂徠(おぎゅう-そらい)と親交をもつが,その学説にはしたがわなかった。子の藪孤山が編集した「慎庵遺稿」がある。延享元年3月29日死去。56歳。名は弘篤。通称は久左(右)衛門。別号に震庵,山陽散人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藪慎庵

没年:延享1.3.29(1744.5.11)
生年:元禄2(1689)
江戸中期の儒学者。肥後熊本藩士。名は弘篤。通称,久右衛門。号は定軒,京山人,山陽散人,震庵,慎庵など。朝鮮の李退渓の影響を受けて朱子学を遵奉し,同藩の大塚退野と共に肥後実学の指導者となった。江戸出府の折り,古文辞学の泰斗である荻生徂徠と親交があったが,最後までその学説に従うことがなかった。『慎庵遺稿』の著がある。次男孤山は藩校時習館の教授を務めた。<参考文献>下田一喜『稿本肥後文教史』

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藪慎庵の関連キーワード秋山遜板井青霞井上雪渓加々美紅星草野潜渓佐藤固庵高瀬利兵衛竹田春江中村忠亭本田四明

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone