藻谷伊太郎(読み)もだに いたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藻谷伊太郎」の解説

藻谷伊太郎 もだに-いたろう

1861-1901 明治時代の自由民権運動家。
文久元年3月6日生まれ。越中(富山県)射水郡小杉の人。増田賛(さん)らと同人をあつめ,明治10年郷里で啓蒙雑誌「相益(そうえき)社談」を発行。15年越中改進党にはいり,のち日本弘道会射水支会の副会長となった。明治34年12月8日死去。41歳。旧姓は赤壁。名は(あざな)は子文。は海東。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android