コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤壁 セキヘキ

4件 の用語解説(赤壁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきへき【赤壁】

中国湖北省の南東部、揚子江(ようすこう)の南岸にある史跡。赤壁の戦い古戦場
中国湖北省の東部、黄岡県の揚子江北岸の地。蘇軾(そしょく)が「赤壁賦(せきへきのふ)」を作った所。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せきへき【赤壁 Chì bì】

中国,長江(揚子江)流域に点在する地名。なかでも湖北省嘉魚県西のものが,赤壁の戦の地として有名。華北平定に成功した曹操は,208年(建安13)中国統一の目的で南下してきた。劉備の謀臣諸葛孔明(しよかつこうめい)は孫権のもとに赴き,劉備・孫権の同盟に成功,長江を下って来た曹操の軍と赤壁で対峙,火攻の計でこれを打ち破った。こうして天下三分の情勢がほぼ成立した。なお蘇軾(そしよく)(東坡)の《赤壁賦》に歌われた赤壁は湖北省黄岡(古称は黄州)にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきへき【赤壁】

中国、湖北省の長江中流南岸にある古戦場。赤壁の戦いが行われた所。
中国、湖北省の東部、武漢より下流の長江北岸に臨む地。蘇軾そしよくが「赤壁賦せきへきのふ」を詠じた所。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤壁の関連情報