蘆屋釜(読み)あしやがま

精選版 日本国語大辞典「蘆屋釜」の解説

あしや‐がま【蘆屋釜】

〘名〙 鎌倉時代から桃山時代に筑前(福岡県)遠賀川河口の芦屋で作られた茶釜。また、その意匠を写した。真形(しんなり)型が多く、なめらかな地と、浮き出しにした山水などの和風の図が特徴。古い上作を古蘆屋といい珍重する。あしや。
※看聞御記‐嘉吉三年(1443)正月二二日「一慶和尚参。対面。蘆屋釜一、蝋燭十廷被進」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蘆屋釜」の解説

あしや‐がま【×蘆屋釜/×芦屋釜】

茶の湯の釜で、室町時代を中心に、現在の福岡県北部の芦屋で作られたものの総称。特に、永正えいしょう以前のものは古蘆屋とよび、珍重される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android