芦屋(読み)あしや

精選版 日本国語大辞典「芦屋」の解説

あしや【芦屋】

[一] 兵庫県南東部の地名六甲山の南斜面にあり、大正末期までは別荘地で知られた。菟原処女(うないおとめ)伝説の地や在原業平の邸跡がある。昭和一五年(一九四〇市制
[二] 福岡県北部の地名。遠賀川河口にあり、江戸時代は米、石炭唐津(からつ)物の積み出しとして栄えた。神武天皇東征、仲哀天皇西征のときの通過地といわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「芦屋」の解説

あしや【芦屋】[兵庫県の市]

兵庫県南東部、六甲山の南斜面にある市。住宅地。古くは葦屋あしのやといった。菟原処女うないおとめや、在原行平松風・村雨の姉妹など、恋物語の伝説の地。人口9.3万(2010)。→松風

あしや【芦屋】[福岡県の地名]

福岡県北部、遠賀おんが河口にある。江戸時代、米・石炭の積み出し港として栄えた。航空自衛隊基地がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android