虎嘯(読み)コショウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐しょう〔‐セウ〕【虎×嘯】

[名](スル)虎がほえること。英雄・豪傑が世に出て活躍することのたとえ。
「雄風の遥かに―して嶺松に抵(あた)る」〈菊亭香水・世路日記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こしょう【虎嘯】

( 名 ) スル
とらがほえること。
英雄が世に出て活躍すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐しょう ‥セウ【虎嘯】

〘名〙
① 虎(とら)のほえること。また、虎のような声でほえたてること。
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉三「幼き頃は吾影を認めて虎(コセウ)する猟犬と」 〔淮南子‐天文訓〕
英雄豪傑が世に出て活躍することのたとえ。〔李白‐経下邳圯橋懐張子房詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android